Sabishii-Room.

ここに答えはありません。

女の子と初めてスタバへ行った話。

 「女の子苦手って、嘘でしょ。女の子と楽しそうに話してたじゃん」そう言われたとき、「この子は僕のこと好きなのではないか?」と思った。本当のところ、どうだったのかは今ではもうわからないけど。

 社会人1年目、会社の外部研修で、他の会社の新入社員と一緒に研修を受ける機会が何度かあった。研修では、グループを作って、グループワークに取り組むことが多く、気が付いたら連絡先を交換する流れになる。そこから何故か、打ち上げを焼肉屋でしようという話になり、僕も参加することになった。

 当日、本当に僕も参加していいものか緊張しながら焼肉屋へ到着すると、研修で知り合ったグループメンバーの他に、見慣れない女の子がひとり増えていた。話を聞くと、その研修に参加はしていたが、他のグループだったという女の子だった。黒縁メガネで黒髪で、女性アイドルグループが好きだというその子に興味が湧き、話を聞いたりした。お互いに想いを寄せている人はいるけど一歩踏み出せない話や、僕の「女の子は好きだけどすごく苦手だ」という話で盛り上がり、その日は別れた。もう会うこともないと思っていたのだが、次の月に行われる別の研修で、またその子と会えることがわかった。

 研修会場で周りを見渡し、近い席にその子が座っているのを見つけ、僕は思い切って話しかけに行った。そのうち、別の研修で知り合った女の子2人が「久しぶりだね」と話しかけにきてくれた。こんなことが僕の人生にもあるんだなあと思って、スーパーカーの曲「Strobolights」みたいな、多幸感と高揚感を感じた。2人の女の子とちょっとした立ち話を終えると、その様子を見ていたその子が「女の子苦手って、嘘でしょ。女の子と楽しそうに話してたじゃん」と僕に言った。その一言に深い意味はなかったのかもしれないが、24年間まともに恋愛のひとつもしてこなかった僕にとって「この子は僕のこと好きなのではないか?」と思わせるのに十分な表情と口調だった。

 研修が終わってからも、LINEのやり取りは続いた。お互いの共通点を見つけてみようか、という何気ないやり取りが心地よく、ある日「スタバが怖い」という共通点が見つかった。「これは吊り橋効果ならぬスタバ効果が期待できるのではないか?」という頭の悪い発想が働き、思い切って「スタバ、行ってみませんか」とLINEを送った。これまで、この手の誘いでOKを貰ったことが一度もなかったので、タイミング的にまだ早かったかな、などと少し後悔しながら返事を待った。返事はOKだった。

 博多駅近くのスタバがお互いの家から近いということもあり、博多駅の人混みの中で待っていた。誰も僕を振り向かない人混みの中から「背が高いから、すぐわかったよ〜」と、その子がやってきた。

 なんの注文をしたかすら、思い出せない。ただ、なんのカスタマイズもしていないコーヒー的なものを頼んだ気がする。僕はトールで、その子はショート。席について、コーヒーを飲みながら恋愛近況報告をお互いにした。当時、僕は同じ職場の女の子が好きだったけど、少しだけ諦めかけている時期でもあったため、今は好きではなくなったと話した。「じゃあ他に好きな人は?」と問われた僕は、教科書通りの返事をした。その気持ちは嘘ではなかったけれど、なんとなく申し訳なくなって、コーヒーを一口飲んだ。

 数十分経った頃、その子は僕のトールのカップを手に取った。「どうしたの?」と聞くと「あとどれくらいかな〜と思って」と答えた。そんな経験初めてだったから、すごくドキドキした。それから晩ごはんを食べて、夜も更けて来た頃「このあとどうする?」と聞かれた。「えっ、まだなんかやることあるのか!?もしかして…」と思ったのだけど「帰ろっか」と言ってお別れした。どうするのが正解だったのか、未だにわからないけど、おそらくそれで良かったんだと思う。

    スタバへ行ったのはその1度だけ。スタバという場所が、僕らを少しだけ背伸びさせたのかな、と今は思う。

Strobolights

Strobolights