読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sabishii-Room.

ここに答えはありません。

美容室へ電話で予約する時に、初めて美容師を指名した話。

転職活動を始めるにあたって髪を切ろうと思い、美容室に電話した。

毎回必ず「ご指名はありますか?」と聞かれては「特には…」と返す僕なのだが、なんとなく前回担当してくれた美容師さんを指名した。

前回と言っても2ヶ月くらい前なのだけど。

 

予約時間の5分前、受付へ向かうとオシャレな美容師さんが二人。

どちらを向いて受付をすればよいのか迷い、交互に見ながら受付をした。

何回も通っているのだけど、オシャレな雰囲気に慣れない。

 

席に座り、興味のないグルメ本をめくりながら待っていると、指名した美容師さんがやってきた。

「今日はお仕事お休みですか?」と聞かれたので「実は4月後半に会社を辞めましてね」と答えたところ、「実は私も5月で辞めるんです」と返事が返ってきたので驚いた。

普段まったく美容師さんと喋らない僕なのだが、初めて指名した美容師さんがもうすぐ辞めるということに不思議な縁を感じ、辞める理由を聞いたりした。

 

5000円というカット代は、今後もう払えない。

ここに来るのは今日が最後かなと思いながら会計を終えると、LINEのIDが書かれたメモを渡された。

指名してみるものだな~と思ったのだけど、LINEやってないことを思い出した。